夏の夜長の寫眞色々独り言。

夏の夜長の寫眞色々独り言。

ついこの間
某量販店で20代くらいのお兄さんが店員さんにスマホを取り出して
”こんな風なフィルムカメラで撮るテイストみたいに撮れるカメラどれですか?”
ってな相談をしてる風景に出くわした。
スマホのアプリを使った画像を使って必死に説明する若者とあたふた対応する店員さんを横目で見ながら
写真売り場の風景も随分変わったな~って思う今日この頃。

インスタグラムを初めとするスマホのアプリの影響もあって
フイルム回帰というべきか….
最近フィルムという言葉をよく耳にする。

作品関係のセミナ-などでは
たま~にアナログ精神論というのか
何百枚と撮れてしまうCFカ-ドに対して
36枚しか撮れないフィルムに一期一会な思想を便乗させるえらい先生方もいるようで。。
巷じゃ密やかに様々な思想があるようです。

しかしながら..確かに簡単にシャッタ-が押せてしまう昨今
シャッタ-一回の重みが日々無くなりつつあるのは確実な話。
convenienceという概念はともすれば積み上げてきた基礎を簡単に崩壊しかねないとも思います
そゆ意味ではデジタルカメラが日々進化していく中
個々の一枚に対する意識と感覚が見直される時期なのかもしれませんね。

こういうブームというか流れって例えればファッションの今昔流行然り
不思議に周期があるなあ…といつも思います。

….とはいえ久々にフィルム売り場を覗いてみれば意外なほどの値段の高騰に目が飛び出た次第。
それに反してよほどのレア物でもない限り自分らの学生のとき心躍らしたアナログ名機たちが
今や二束三文で売り買いされてるっていう何だか寂しい現実。

なかなかブ-ムと経済は意外と比例しないもんです。

///////////////////////////////////////////////////////
余談ですが….
アナログとデジタルって検索かけると
写真業界に限らずどこの業界でも様々な論争があるようで。
なかなか素直に ”温故知新” とはいかないもんみたいですね。。
//////////////////////////////////////////////////////